お薦めの副業について

副業を考える女性

ここ数年の不況の影響で、会社員のお給料はなかなか上がらない傾向にあるようです。

お給料が右肩上がりの時代は幕を閉じ、私たちは明日はどうなるか分からないといった漠然とした不安を抱えながら生活しています。

そんな状況の中で、少しでも生活の安定をはかるために、本業とは別に仕事を持つ人も増えているようです。

副業には、在宅でするものと外で勤務するものとがありますが、ここでは外で働く方法について述べてみたいと思います。

まず、平日、本業の終了後に働くという方法があります。

例えば、飲食店では夜間のみの募集というところも多くありますし、他にもコールセンターのオペレーターなどは比較的シフトの自由がきくようです。

他にも、休日を使って副業をするという方法もあります。

例えば、女性であればスーパーの試食販売の仕事があります。

これは、ある程度まとまった金額のお金をもらえまうすし、人と話すことが好きな人であれば、楽しく働けるのではないでしょうか。

また、資格試験の監督や、イベントスタッフ、引っ越しの作業員などのアルバイトもあります。

このように副業としてできる仕事には様々な職種がありますが、できれば本業とは違った職種を選んだほうが、よりストレスなく働くことができるのではないでしょうか。

まずは就業規則の確認を

確かに、景気が良くなるきざしは見えてきませんし、給料は増える見込みは無さそうです。

それ故に副業を考える方もいらっしゃるかとは思いますが、その前に就業規則を確認される事を忘れてはいけません。

というのも、副業によって「本業」であるはずの会社での仕事がおろそかになっては本末転倒ですし、あまりにもそれが酷いと会社にとっては「お荷物」になりかねません。

なので、自社の仕事に集中して頂く為にも、就業規則に副業の禁止を入れている会社もある訳です。

一昔前であれば、その規定のある会社が非常に多かったようですが、現在では「本業では得られない経験を得るために」と積極的に副業を薦める会社もあったりするようです。

そこまでではない会社であっても、不況で厳しいのは会社も同様ですから、その規定を撤廃したり、存在していても黙認をしている会社が増えているようです。

それでも、副業を禁止している会社が無くなった訳ではありません。

知らなかったとしてもそれは「約束違反」ですのでどんな処分をされても文句は言えません。

そうならない為にも必ず事前にチェックをしておいて下さい。

副業をしたことで本業を失ってしまった意味がありませんから。

副業する上での注意点

副業とは本業以外での仕事のことです。

近年の不況で普通のサラリーマンでは給与が減っていくために苦労している人も多いかと思います。

むかしのように給与が自然と上がっていくような次代ではなくなったため、ある程度自分で副収入となる手段を検討しないといけません。

しかし、副収入といっても、会社での仕事をこなしながら行なうには結構大変です。

休日を上手く利用して行なえる副業がベストな副業ではないでしょうか。

そういった副業を行なう上での注意があります。

副業を行なうと当然、収入があります。

その収入に対しては税金がかかってくるのです。

サラリーマンであれば、給与から自動的に引かれておりますので新たな収入は確定申告の必要があります。

会社が副業を認めていればいいのですが、認めていない会社であればすぐにばれてしまうでしょう。

収入をどういった形でおこなうのか注意が必用です。

それは給与を受ける側もですが、支払う側も税務署などの申告が虚偽申告とならないようにしないといけません。

オススメの副業特集

副業の注意点

<管理人情報>

管理人

私だって副業で頑張るぞぉ!